赤ちゃん悩み 子育て 出産 育児 イクメン マタニティー 便利グッズ おススメグッズ

赤ちゃんの悩み、育児の悩みを解決しませんか?

ベビースリングのメリットとデメリット

ベビースリングのメリット

 

ベビースリングは首のすわっていない赤ちゃんでも   

楽に抱っこできる、優れた抱っこひもです。

 

エルゴなどの抱っこひもは、首がすわる3ヶ月くらい
からしか使用できませんが、ベビースリングは
首が座る前から使用できるので、外出先でも
大活躍です。

 

ベビースリングの最大の特徴は、赤ちゃんを
おなかの中にいる様に、やさしく包み込み、
お母さんの鼓動や呼吸、話し声を
感じることが出来ます。

 

お母さんに常に密着した状態で、赤ちゃんも
安心して、安定した状態を保つことが
出来ます。

 

はっきり言って、良く寝てくれます!!!

 

持ち運びも、便利で折りたためばコンパクトに
収納できますので、荷物の多いお母さんには
ぴったりです。

 

さらにうれしいのは、価格が安い!!(笑)

 

2000円前後で購入できるので、1枚は持っておきたい
アイテムです!!

ベビースリングのデメリット

ベビースリングのデメリット

 

ベビースリングはとっても便利なアイテムなので
おススメですが、知っておきたいポイントが
あります。

 

ベビースリングで抱っこをされていると、あかちゃんは、
包まれたような状態になります。

 

手足が自由な状態ではないって事です。

 

赤ちゃんが小さなうちは、問題ないのですが、
5ヶ月以降の成長過程では、赤ちゃんは
手足を動かし、筋肉を使ってハイハイや
寝返りの準備をします。

 

つまり、ずっとベビースリングに頼りっぱなしだと
赤ちゃんの成長の妨げになる可能性があるって事
もあるんです。

 

1ヶ月〜4ヶ月くらいまで、ベビースリングを使って、
それ以降はエルゴなどの手足が自由になる
抱っこひもをおススメします!!

 

ちなみに、私の家ではエルゴを使いながら、
泣き止まないときや、寝て欲しいときなどに
ベビースリングを使って、使い分けをしていましたよ!

 

 

ベビースリングのおススメ

私のおススメのベビースリングはトンガ

 

私は、ベビースリングのド定番の「トンガ」を
使っています。

 

「トンガ」はデザイン性とコストパフォーマンスに優れ、
丈夫な網目になっていますので、大柄な赤ちゃんでも
すっぽり、包むことが出来ます。

 

また、お母さんも抱っこが楽で、肩がいたくなる
事もありません!!

 

お父さんが使ってもおかしくないですよ!!

 

 

「トンガ」 ベビースリング

 

使いやすさ

 

赤ちゃんの抱っこの状態に合わせてネットを広げて使える万能アイテム。
折りたたんで、持ち運びもラクラク!!

 

価格

 

約2000円〜4000円でリーズナブル。
(平行輸入品だと安いようです)

デザイン

 

フランス生まれで、抜群のデザイン。
カラーバリエーションも豊富。

注意

 

サイズがあるので、間違いに注意が必要。

総合

 

旅行などにも使えて、我が家ではかなりヘビーローテーションです。
価格も安いので、買って損は無いと思います!!

 

私の友人もかなり使っていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

関連ページ

抱っこひも、ベビーキャリアの失敗しないポイント!(コピー)
抱っこひもを選ぶ際、気をつけるべきポイントがあります。 抱っこひもの選び方とおススメの抱っこひもをご紹介します。

TOPページ お役立ちコラム お気に入りランキング 先輩ママの体験レポート 子授け・不妊・妊活サポート