赤ちゃん悩み 子育て 出産 育児 イクメン マタニティー 便利グッズ おススメグッズ

赤ちゃんの悩み、育児の悩みを解決しませんか?

赤ちゃんがいる家庭では必須の安全対策!

 

 

赤ちゃんがハイハイを始めるころには、おうちの中は
危険地帯になります!

 

ちょっと目を離すと、何でも手を出し、口に入れる!

 

「あっ!!!」と思ったころにはもう遅い・・・

 

なんてことにはならないように、おうちの危険な箇所を
確認し、未然防止に努める必要があります。

 

赤ちゃんの安全を確保するのは、親の責任であり、
管理能力の問題です!

 

目を離すときは、赤ちゃんをサークルの中に入れるなど、
少しのことで、赤ちゃんを守ることが出来ます!

 

親がしっかりと、先回りして危険な場所には赤ちゃんを
地被けないようにしましょう!

 

私が実際に行った安全対策をご紹介します!

おうちの危険箇所を再点検しましょう!

赤ちゃんはハイハイをはじめるころには、自分で体を動かせる事がうれしくて、
部屋中を動き回り、気になるものには何でも手を出します!

 

まさに好奇心の塊ですね!

 

まずは、赤ちゃんを近ずけないこと・手を出させないことを念頭において、
おうちの中の危険箇所をチェックしてみてください!

 

 

キッチン周辺

お母さんが居ることが多いキッチンは、赤ちゃんも近ずく事も多いはず。
キッチンには、刃物や割れ物、火など危険な物がいっぱいです。
また、収納から危険物を取り出す恐れもあり、最も注意が必要な場所です!

 

お風呂場・洗面所周辺

滑りやすく、転びやすいお風呂場周辺も注意が必要。
洗面器の水や浴槽の残り湯でおぼれてしまう可能性もあります。
近ずけない工夫が必要です。

 

階段周辺

階段は赤ちゃんが好きな場所にひとつ。
登ることを先に覚えるので、登った後に転落の恐れがあります。
階段から転落した事故は多いと聞きます。

 

ベランダ周辺

マンションなど特に、注意が必要。
狭い隙間でも赤ちゃんはすり抜けるかも知れません。
また、落下している物などを口にする可能性も。

 

家電・家具周辺

家電やコンセント付近では感電の恐れがあり、家具周辺では、
転倒し、家具の角で怪我をしたり、引き出しや扉を開けて
危険物を扱う可能性があり、対策が必要ですね。

 

 

そのほかにも、赤ちゃんは予想もしないことが危険だったり、
手のとどかないものが落下したり、信じられないことが起こります!

 

「これは大丈夫。」

 

と、思わずにしっかりと対策してください。

 

私の長男も、棚の上のほうに置いていたサボテンが落下し
大怪我したことがあり、それ以降安全対策には万全を尽くす
ようになりました。

 

案全対策その1 ベビーゲートで階段を登らせない。

 

ベビーゲート

階段を登らせない為に、階段に設置。

 

取り付けも簡単で、サイドのネジで幅の調節が可能。

 

赤ちゃんも階段に入れないので効果は抜群!

 

いろんな幅や高さの物があり、好みによって選べる。

 

ドアタイプで、出入りが多い場所の設置に向いている。

 

ベビーゲートの詳細はこちらから

価格

効果

評価

6615円

ベビーゲート、ベビーサークル、安全、セーフティー、通販、おすすめ、家具、電気、お風呂、危険、守る、防止、回避、

 

 

ベビーゲートには、フェンスタイプとドアタイプがありますが、
階段に設置するにはドアタイプがおススメです。

 

フェンスタイプは、素材がやわらかく、余り信頼できないのと、
またいで出入りするのがいやだったので、ドアタイプを選択。

 

階段の他にも、キッチンの入り口など、ドアのない場所で
使えそうです。

 

価格的には、フェンスタイプの方がお手ごろで、移動できるタイプも
あるので、それも使い勝手がよさそうです。

 

安全対策その2 目を離すときはベビーサークルに入れる!

 

ベビーサークル

ベビーサークルに赤ちゃんを入れておけば、ちょっと目を放した隙に
脱走する心配がありません。

 

また、危険物からも隔離されるので、安心です。

 

赤ちゃんも、自分の居場所があると落ち着いて遊んでくれますよ。

 

ただ、場所をとるのが難点です。

価格

効果

評価

9800円

ベビーゲート、ベビーサークル、安全、セーフティー、通販、おすすめ、家具、電気、お風呂、危険、守る、防止、回避、

ベビーゲート、ベビーサークル、安全、セーフティー、通販、おすすめ、家具、電気、お風呂、危険、守る、防止、回避、

 

 

ちょっと電話しているとき、ちょっとお風呂を入れるとき、など
ちょっとの隙が危ないんですよね。

 

そんなときに、ベビーサークルがあるととても助かりますよ。

 

ペットがいるおうちなども、いいかも知れません。

 

我が家ではフル活用しましたwww

安全対策その3 家具・家電から赤ちゃんを守ろう!

ミッキーマウス コンセントキャップ

コンセントは、特に注意して欲しい危険箇所です。

 

赤ちゃんの小さな指でコンセントを触ると、感電の恐れもあります。

 

コンセントキャップをしっかり活用すれば、いたずらを防止できますので、
必ずして欲しい安全対策です。

 

コンセントキャップ自体、お手ごろで、赤ちゃんの手の届く範囲のみ
取り付ければOKです。

 

コンセントキャップの詳細はこちらから

キャビネットロックベルト

家具の扉や引き出しは、赤ちゃんは大好きです。

 

中に入っている物を引っ張り出して遊びますよね。

 

でも、ペンやはさみ、割れ物、タバコなど入っていたら大変ですよね。

 

扉や引き出しは、原則、開かないようにしましょう!

 

このロックをすれば、赤ちゃんは空けられませんが、大人は開けられるので、安心です。

 

小さなことですが、これもやって欲しい安全対策です。

 

ロックベルトの詳細はこちらから.

コーナーガード

ヨチヨチ歩きの赤ちゃんはすぐこけるので、家具で怪我をすることも
あるかも知れません。

 

角が尖った家具には、コーナーガードをつけましょう。

 

見た目は悪くなりますが、ちょっとだけの辛抱です。

 

私は、粘着性の弱いテープで固定し、すぐ取れるようにしていましたよ。

 

これも、かわいい赤ちゃんのために、我慢して取り付けましょう。

 

コーナーガードの詳細はこちらから

 

 

この辺は定番商品ですが、未然防止グッズですので、怪我をする前に
取り付けましょう。

 

事故があって後悔しても、遅いですから!

 

これも、親の思いやりです。

 

でも、これらの商品も100%ではありませんし、何が事故につながるかわかりませんから
なるべく赤ちゃんから目を離さず、危険な物には近ずけない・手を出させないことが肝心です!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加RSSリーダーで購読する

My Yahooへ追加

  育児 ブログランキングへ

PR


TOPページ お役立ちコラム お気に入りランキング 先輩ママの体験レポート 子授け・不妊・妊活サポート