赤ちゃん悩み 子育て 出産 育児 イクメン マタニティー 便利グッズ おススメグッズ

赤ちゃんの悩み、育児の悩みを解決しませんか?

そもそもお食い始めってなに?

お食い始めの意味と儀式について!
 
 

 

お食い始めの意味!

 

「お食い始め(おくいぞめ)」平安時代から行われていた日本古来の儀式です!

 

その意味は、赤ちゃんが一生食べ物に困ることが無いように、赤ちゃんに初めて
食べものを食べさせる儀式です。

 

また、歯が生えて成長を喜ぶという意味もあるそうです。

 

もちろん、実際に食べさせるのではなく、食べさせるフリをするだけになります。

 

 

「お食い始め(おくいぞめ)」は赤ちゃんの生後100日目に行うのが一般的ですが、
地方によっては、110日目や120日目などに行うこともあるそうです。

 

母乳から離乳食に変わる時期の都合の良い日を選び、お祝いしてあげると
良いと思います。

 

ご両親だけでなく、祖父母や友人を招いてお祝いすると、思い出に残る
イベントになりますね!

 

 

お食い始めで準備するものとは?

 

正式なお食い始めに使用する食器はすべて新調したものが一般的です。

 

正式な食器は、漆器の足のある御膳で、赤ちゃんの性別によって、器の
色が違います。

 

男児は、内外ともに赤色の漆器。
女児は、内が赤色で外側が黒の漆器です。

 

もっとも、最近では漆器を使うことはほとんど無く、代わりに新しいベビー用の
食器で代用することが多くなっています。

 

実用性を考えると、離乳食用の食器のほうがいいでしょうね!

 

 

また、歯固め石が必要になりますので、近所の神社に落ちている小石を
用意しましょう!

 

儀式終了後は、また境内に納めることも忘れてはいけません!

 

 

 

 

お食い始めの料理はナニ?

 

基本は一汁三菜です。
尾頭付きの鯛は別皿で用意しましょう!
 

 

  • 鯛などのおかしらつきの焼き魚

     別皿で用意。
     地方によっては、魚の種類が違うことも。

  • 飯椀

    お赤飯が一般的に多く用意されます。

 

  • 汁椀

     季節のお吸い物。

  • 煮物椀

    季節のお野菜、にんじんやレンコンなど。

  • つぼ椀

    酢の物、香の物(漬け物)など。

  • 高椀

    歯固め石と一緒に梅干などを盛り付けます。
    しわができるまで長生きするようにという理由で梅干です!

 

 

 

 

お食い始めの儀式のやり方!

それでは、儀式について説明します!
ご家庭で行う際は、省略するところも多くあると思いますので、
あまり堅く考えず、楽しみながら執り行ないましょう!

 

 

食べさせる人を決める!

 

正式には、その席にいる人の1番長寿の人になります。

 

男児には男性に、女児には女性に食べさせてもらいましょう。

 

最近ではご両親や祖父母が食べさせることが多いようです。

 

 

赤ちゃんを座らせる!

 

男児は、男性の左ひざ
女児は、女性の右ひざ

 

に座らせましょう!

 

 

食べさせるマネをします!

 

まずは、箸を歯固め石に触れてから、「丈夫な歯が生えますように」と
お願いしながら、箸を赤ちゃんの歯茎に当てます。

 

その後、飯、汁、飯、魚、飯 の順番で3回食べさせるマネをします。

 

このとき、「ひとつぶなめ」と言われるように、1粒だけでも赤ちゃんの口に
入れると良いといわれています。

 

 

 

以上が儀式になりますが、最近では略式の儀式が一般的なので、
写真を撮りながら、楽しくおこなうと盛り上がります!

 

また、料理もお母さんの手つくりもいいですが、贅沢するなら、
配達業者や料亭などを利用するのもイベント感があっておススメです!

お食い始めの参考動画!

 

 

お食い始めにおすすめのお箸!

お食い始めの食器などは、基本的には新品を用意するのが
一般的です!

 

特別な記念日だから、スペシャルな名前入りのお箸をプレゼントしてみませんか?

 

オンリーワンのお箸なら、お祝いの席でもきっと盛り上がります。

 

 

 

 

 

こんなかわいいおはしなら、きっと良い記念になりますよ!

 

お箸だけに、価格もとってもリーズナブル!

 

 

 

お食い始めをされる方は、ぜひご検討ください!

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加RSSリーダーで購読する

はてなRSSへ追加

  育児 ブログランキングへ

PR


TOPページ お役立ちコラム お気に入りランキング 先輩ママの体験レポート 子授け・不妊・妊活サポート